僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふわふわ系のぉ~ サラリーマンがぁ~ 主にぃ~ Perfumeとぉ ももクロにについてぇ 書いてるブログ っていうかぁ・・・わかんにゃいっ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嬉しい誤算

「痛っ・・・」
呻くように呟いた。
二日酔いで痛む頭をさすりながら、ベッドから抜け出した。昨夜はさすがに飲み
過ぎたようで、なんだか頭がぼんやりしている。
いよいよ今日だ、今日になったんだ。そう思った時、様々な記憶が頭の奥から溢
れてきた。



仕事帰り、職場の先輩といつものように居酒屋へ行った。先輩は5歳上だが話し易
く、仕事の話からプライベートの話まで気楽に話せる間柄である。かれこれ5年ほ
どの付き合いになるが、彼と一緒に飲む酒はどんな状況においても美味しかった。
その夜を除いては・・・

「え?あれだろ、3人組のアイドルだろ。歌は聴いたことないけどさ、どこが良い
んだよ。そんな可愛くないじゃん」
酒も進んでそろそろ終電を気にする時間になった頃、魔がさした。
今まで会社の人達にはずっと黙っていた大好きな3人組テクノポップユニットの
話をしてしまったのだ。身近に彼女達のことで語り合える人がいたらいいのに・・・
その想いは最近強くなっていたせいだろうか。魔がさしたというのは結果論かも
しれない。先輩が彼女達に興味を持ってくれるんじゃないか、という期待があっ
たのは確かだ。
しかし、結局先輩から返ってきた答えがこれだった。

確かに人には好みがあるし、どうしても受け入れられないものだってある。自分
にも理解出来ない音楽はあるし、そういうのは相性やタイミングで変わることも
知っていた。なので、最初はさらりと流そうと思った。

酔っていたのだろうか?

いや酔いのせいにはしたくない。
そう、自分は嫌だったのだ、彼女達の音楽やダンス、ステージで見せる圧倒的な
パフォーマンスを見てもいないのに、アイドルというくくりだけで批判されるこ
とが。彼女達を知らない人の批判を受け流すことが出来ないくらい、彼女達は自
分にとって大きな存在だった。何でも話せる先輩、彼だからこそ尚更その想いは
強かった。
「見てもないのに彼女達の何が解るんですか・・・」知らず知らずのうちに呟いて
いた。社会人とは思えない大人気ない態度、今思い出しても恥ずかしい。。。
しかし、自分の中で笑って受け流せない何かが有り、結果的にはそれを暴露した
ことで、自分の隠していた全てをさらけ出したような気がして、それに対する恥
ずかしさが更に気分を重くさせた。
その後はケンカまではいかないが、言い争いという言葉ではお釣りがくるくらい
の舌戦の後、お互いに気まずくなり言葉少なに帰宅の途についた。


後半の雰囲気の悪さで悪酔いしたのか二日酔いの頭を抱えながら通勤電車に揺ら
れていた。会社に行けば嫌でも先輩に顔を合わせなければならない。昨日のこと
を考えると、今日は会わずに過ごしたい。
しかしそんなことも出来るわけもなく、いつものように部内一番乗りで出社した
。。。

つもりだった・・・
すでに所属部署には明かりが点いており、机には先輩の姿が。
【よりによって】この言葉はこういう時の為にあるんじゃないか、と思いながら
もごく普通にいつものように挨拶をした。
「おはようございます」「おう、おはよう」
いつも通りの 挨拶だが、その後が続かなかった。先輩は挨拶した後、携帯プレ
イヤーのイヤホンを耳に当て、音楽を聴き始めた。視線はPCのディスプレイへ。
やっぱり怒ってる・・・。僅かに残っていた希望である、酔っていて覚えていないと
いう可能性は無くなった。とにかく謝ろう、しかし先輩は音楽を聴いているし。
悩んでいるうちに部長が出社してきた・・・orz

結局謝ることが出来ないまま、定時が過ぎた。次々に帰宅する人達。気がつくと
部内に残っているのは、自分と先輩の二人だけ。よくあることだが、今の状況で
はあまり歓迎出来ない。だが、今が謝るチャンスだ。



「よっ!お待たせ!」振り向くとピンクのTシャツを着た先輩が笑顔で立っていた。
「先輩、いつの間にLSG買ったんですか??」
「これを着てライブに行きたかったんだよ、あんまりお前がLSGとか言うから買っ
ちまったじゃないか」
照れくさそうに言うと、先輩は会場である東京ドームにに向けて歩き始めた。



「昨日は悪かった。謝るよ。」

声を掛けようと思った矢先に、先輩がこちらを真っ直ぐ見てそう言った。

「え??な、何を急に・・・」
タイミングを外された上に、意外な言葉を投げかけられて、何を言っていいかわか
らなくなった。

「お前がさ、あんなに真剣に反論するのが初めてだったからさ、どんだけ良いのか
あの後CDを借りて聴いてみたんだよ。昨日の夜から今日も外回りで移動中の時とか。
お陰で寝不足だよ。。。何の曲?えーっと「GAME」っていうアルバムだよ。

聴いて思ったんだけどさ、お前が言うことは正しいよ。あと彼女達にも申し訳ない
と思った。聴いてもないのに批判するのは大間違いだな。久しぶりにもっと聴きた
いと思わされたよ。あまり気になるからさっきまで動画サイトでPVまで見てしまっ
た。あの真っ暗なバックで踊っているやつ。コンピューターなんだっけ?あの曲も
いいなぁ」



そう言うと先輩はスマンという風に、両手をひざの上について頭を下げた。
あぁ、さっきもまた音楽を聴いていると思ったらi-phoneで見てたのか・・・
そんなことを思いながらも、いつの間にか笑顔で別のことを口走っていた。

「先輩、飲みに行きましょう!!居酒屋で動画見ながら語りましょう!!まだライブDVD
も見てないでしょ?彼女達の魅力を知るにはライブを見るのが一番です。それから動画、
『道夏大陸』見ました?あれ見たら絶対泣きますから。それから・・・・・・・・・」



前を歩く先輩の背中を見ながら、今朝思い出したことの続きを思い出していた。
あれから先輩はものすごいスピードでこの近未来テクノポップユニットにハマっていき、
今では彼女達についてのブログを書いているほどだ。そのブログの熱さ、そしてキモさ
はファンである自分から見ても感心するほどだ。まさかこんなに好きになるとは・・・。
嬉しい誤算とは正にこのことだ。昨日も伝説の前夜祭だということで居酒屋で語り明か
した。今日が先輩のPerfume初ライブ、テンションが上がらない訳がない。

「おーい、グッズ売り切れちゃうぞ!」
先輩が後ろを振り返って声を掛けた。

さあ、行こう。
会場である白い屋根の建物に向かって歩を進めた。

11月3日

Pefume LIVE@東京ドーム 1234567891011

伝説のライブはもうすぐだ・・・

TOKYO DOME
関連記事
スポンサーサイト

| Perfume妄想 | 11:09 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

楽しそうv

ん?コレって妄想ですか??(笑
何だか体験談のようにも見えるリアリティ♪とても感情移入してしまいますね。二日酔いのシーンとかwww

私の職場にはオッサンしかいませんが、中にはこういう人もいるのかも知れません。キッカケが無いだけで・・・

実際に会社にこんな先輩がいたらアフター5は盛り上がりそうですよね。

| おとわしゅな | 2010/09/17 18:51 | URL | ≫ EDIT

ええ?
実話ではないの?
前半、ずーーっと昨日の出来事の記事かと思って読んでました。
runrunさん、熱いな~なんて思いながら・・・

実話+妄想?

とにかくリアリティありすぎです! うまいです。
面白かった~(*´∇`*)

| ロボトリア | 2010/09/17 20:33 | URL | ≫ EDIT

これ…

超リアル(^^;)
ていうか、なんか自分のことを書かれてるような気がしてきましたよ。僕もこの先輩のように、職場の部下に勧められたのがきっかけなんで。今ではblogやってますし、彼が呆れるくらいになっちゃってますし(笑)
この話のようなことは、あちこちで本当に起きていると思います(^-^)
なんの違和感もないため、とても引き込まれました。これ、実話じゃないですか?

| electrocat | 2010/09/17 23:08 | URL | ≫ EDIT

Re: 楽しそうv

おとわしゅなさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

ズバリ、妄想です(笑)

ただ、モデルはいます。自分と後輩ですが、エピソードや設定は全く違うんですよ。

私の場合はこの話とは逆に後輩にPerfumeを布教しました(≧∇≦)ъ

二日酔いは経験から来てます(笑)

> 私の職場にはオッサンしかいませんが、中にはこういう人もいるのかも知れません。
キッカケが無いだけで・・・

ブロガーさんを見てください。私も含めてオッサンばかりですよ。きっとおとわしゅな
さんの周りにもいるのでは?

> 実際に会社にこんな先輩がいたらアフター5は盛り上がりそうですよね。

うちの会社に来てください(笑)仕事は出来ないけど、Perfumeの話は尽きないですよ。

| runrun1006 | 2010/09/18 00:19 | URL |

ロボトリアさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

> ええ?
> 実話ではないの?
> 前半、ずーーっと昨日の出来事の記事かと思って読んでました。

はい、実話ではありません(≧∇≦)ъ

そう思ってもらえたら書いた甲斐があるってもんです。
昨日の出来事のように読んでもらえたら、、、と途中で考え直して
大幅に書き直したりたので、そこ突っ込んでもらえると非常に嬉し
いです^^

ロボトリアさんのような3人の掛け合いは、まだ私には無理なので、
こういう妄想になってしまいます^^;

おとわしゅなさんのコメントにもちょっと書きましたが、モデルは
いますが、話は全くの妄想でございます。
自分としては熱いPerfumerだと自負しているのですが、ロボトリア
さんをはじめとしたブロガーさんを見ると、まだまだお子ちゃまだ
と最近気付きました(笑)

世間って広い・・・でもそれが嬉しいですヽ(´∇`)ノ

| runrun1006 | 2010/09/18 00:28 | URL |

Re: これ…

electrocatさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

猫さんのきっかけって部下からの薦めだったんですかw(°o°)w

てっきり部下に薦めているほうだと思ってました。
まぁ、今はすっかり薦めているほうでしょうが^^;

今回は私と後輩がモデルです。ただ、立場は逆で私が薦めるほうでしたが・・・
記事にあるようなイベントは、猫さんの言う通り、こんなことが結構あるん
じゃないかなぁということを多少(?)ドラマチックにしてみました。

前回はたまたま思いついたことを妄想してみたのですが、今回は最初から妄想
モノを書いてみようということで、こうなりました。

どっかでみたことがあるような気がしませんか?

ラストの辺り、かなり猫さんの影響を受けてるなぁと、読み返してみて気付き
ました。

>これ、実話じゃないですか?

実は・・・  

ジツワジャナイヨ、モウソウダヨ(≧∇≦)ъ

失礼しやしたm(_ _)m

| runrun1006 | 2010/09/18 00:37 | URL |

実話かと思いました(笑)

こういう入り方する人も絶対大勢いると思います。
今、PTAだけでもかなりの数だと思いますが非会員も合わせて
どのぐらいのファンがいるんでしょうね。
CD売上げから通常は10万は堅いか……
GAMEはトータルで50万行ってましたっけ。

潜在的なライトファンを入れるとまだまだいるような気がします(笑)

| PPPHIVE | 2010/09/18 00:38 | URL |

凄い!!

読んでてどんどん引き込まれて行きました(^O^)/
ホント最初の方は何かのエピソードなんだろうなって思ってて
でも途中で時間軸が前後したときにハッとして
その後は妄想の世界観にぐいぐい引き込まれました。

う~んでも現実に今日あたりどこかの居酒屋で同じ光景が・・・
明日くらいに驚きのコメントが付いてたりして(笑)

| はぜまる | 2010/09/18 01:14 | URL |

PPPHIVEさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

皆さんにコメントされてますが、妄想です。ちとリアルにし過ぎましたか
ね・・・^^;
どんな形にせよ、ファンの数だけPerfumeに対する想いがあります。私が
書いたのはそのうちの一つに過ぎないんですよね。PPPHIVEさんの推定から
いくと10万分の1ということです。

潜在的なライトファン、シティの地上波放送で更に増えそうですね^^

| runrun1006 | 2010/09/18 13:13 | URL |

はぜまるさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

お褒め頂いて素直に嬉しいです^^

> でも途中で時間軸が前後したときにハッとして
> その後は妄想の世界観にぐいぐい引き込まれました。

そこはホント思いつきでやってみたのですが、結局整合性
がとれずにほとんど書き直すハメになりました(ToT)でも
こういう感想をもらえたことで、やって良かったなぁと今
は感じてます♪

お酒を飲みながらPerfumeについて語れるって、すごく贅沢
だなぁと思います。はぜまるさんものっち爆誕祭で語りまく
ってきてください^^レポ期待してます(笑)

| runrun1006 | 2010/09/18 13:19 | URL |

読了、素敵な作品です。

皆さんが口を揃えて実話のよう、と仰るのはrunrunさんの文が
臨場感に溢れていることと共に大なり小なりそういうご経験を
されているか、目にしたことがあるからでしょうね。

それだけ彼女達に対しての思い入れは強く、佳きものを更に拡散
したいと思うのでしょう。

あと45日、伝説になるライブはもうすぐです。

| akira | 2010/09/18 23:36 | URL |

akiraさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

仰る通り、皆さん似たような経験をされているんでしょうねぇ。
結局、私が書いたのはこうなって欲しいという「願望」を込めて
いるんだと思います。

彼女達にはそう思わせるだけの様々な要素が有るから、こうして
私を含めたおじさん達は色々書いたりしちゃうんでしょうね。

伝説・・・ 待ち遠しいですが、この待ってる時すら愛おしく思え
ちゃいます(笑)


> 読了、素敵な作品です。
>
> 皆さんが口を揃えて実話のよう、と仰るのはrunrunさんの文が
> 臨場感に溢れていることと共に大なり小なりそういうご経験を
> されているか、目にしたことがあるからでしょうね。
>
> それだけ彼女達に対しての思い入れは強く、佳きものを更に拡散
> したいと思うのでしょう。
>
> あと45日、伝説になるライブはもうすぐです。

| runrun1006 | 2010/09/18 23:55 | URL |

 妄想協会会員として 実話認定します (笑)

こうあってほしいという思い

実際にこうなったという経験

伝説の日の中年おじさんの心中

すべて実話でございます うるうるきちゃった

| セラミックおじさん | 2010/09/19 06:39 | URL |

セラミックおじさん

コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

いつもこっそりとセラミックおじさんの熱いブログ読ませて頂いてます。
こっそりですみません><

妄想協会の方がいらっしゃってしまいましたか・・・

で、実話認定ですか(笑)
リアルなとこしか書けないんですよねぇ^^;

一度でいいからセラミックおじさんのようなSF色のある妄想を書いてみた
いです。まだまだ無理ですが(ノ_<。)

今度は堂々と読みに行きますので、よろしくお願いします<(_ _)>

| runrun1006 | 2010/09/19 09:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://runrun1006.blog134.fc2.com/tb.php/24-046f992e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。