僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふわふわ系のぉ~ サラリーマンがぁ~ 主にぃ~ Perfumeとぉ ももクロにについてぇ 書いてるブログ っていうかぁ・・・わかんにゃいっ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レーザービームなカオリ 最終章

最初から読んでやってもよくってよ!というツンデレでお暇な方はこちらからどうぞo(´▽`*)/

レーザービームなカオリ のっち編
レーザービームなカオリ かしゆか編
レーザービームなカオリ あ~ちゃん編
レーザービームなカオリ 3人合わせて編その1
レーザービームなカオリ 3人合わせて編その2
レーザービームなカオリ 3人合わせて編その3
レーザービームなカオリ 3人合わせて編その4
レーザービームなカオリ 3人合わせて編その5
レーザービームなカオリ 3人合わせて編その6



あ~ちゃんが指したのは建物の入口の方だった。

「うわぁ、なんか美味しそうな匂いがするぅ~」
カレーに目が無いのっちがはしゃぐ。

「お腹しゅいたぁ~。白ごはんに熱々カレーをかけて食べたいっ!」
炭水化物(主に白ご飯)を心から愛するかしゆかが更にはしゃぐ。

「じゃ、入るね」
はしゃぐ2人とは対照的にあ~ちゃんは冷静だった。
この選択は間違っていない。。。湧き上がる自信。それは既に確信へと変わっていた。

カレーかぁ。にんじん、たまねぎ、じゃがいも~♪ 頭の片隅でどっかで聴いたことのある曲が流れる・・・
この歌、なんだっけ?まぁいっか。もうすぐ解りそうな気がするから。

答えはまだ判らないが、彼女の頭の中で何かがいろいろ繋がっていくのを感じる。
もう少し・・・。あとちょっとで全てが繋がるような気がする・・・
漠然としてはいるが、この感覚が彼女の背中を押していた。


自分の記憶の扉を開けるかのように、倉庫の扉を開いた。

中は、ぼんやりとした明るさだった。高い天井の近く、かなり上のほうにある高い窓から若干日の光は入るものの、窓の数が少ないせいか、結構薄暗い。しかし、光源はそこではなく、倉庫の奥に不似合いなブースのような部屋が有り、そこに点いている明かりだった。

「なんじゃろ、あれ・・・」
「わからん・・・」
「とりあえず、行ってみよう」
3人はブースに近づいた。

ブースの中には机と椅子が1セット。
机の上にはPCが1台、電源がついたまま置かれてあった。

「あたしにやらせて」
あ~ちゃんが先頭をかしゆかに譲り、椅子に座らせる。
3人の中で一番PCに詳しいのがかしゆかなので、のっちも異存は無かった。
かしゆかを両脇から挟みこむように、右にのっち、左にあ~ちゃんがモニタを覗き込んだ。

モニタには四角が3つ並んでおり、その下に "password"と書かれてあった。
どうやらアルファベットを入力するようだ。

「何これ、パスワード入れろって・・・」
かしゆかが珍しく困ったような表情で、二人を見つめた。
「うーん、パスワードゆうてもねぇ・・・」
あ~ちゃんも皆目見当がつかないようだ。
「とりあえず、片っ端からいろいろ入れてみたら?」
のっちの提案を試してみることにした。

-15分後-

「はぁ・・・、何入れてもダメだ・・・」
可能性のある3文字を片っ端から入力してみた。
3人の頭文字や、血液型。PC、机、椅子のメーカー名。
入力する度に、画面には大きな×の文字が表示された。

「もう何入力していいかわからん・・・」

3人の間に諦めムードが漂った。
かしゆかも煮詰まったらしく、気分転換よろしく適当に言葉を並べ、それに合わせてキーを叩き始めた。

「のっちは 味 オンチ」 N A O → × ブー

「あ~ちゃん 足首 細い」 A A H → × ブー

「タム いつも かわいい」 T I K → × ブー

「あたしにもやらせて~」
楽しそうにキーを叩くかしゆかを見て、のっちが乗ってきた。

「えーっと、あ~ちゃん・・・  Aっと(ぽちっ)

えーっと・・・えとえと・・・ 何にしようかなぁ・・・
うーん、悩むなぁ、いっぱいあり過ぎて・・・えへへ・・・( ̄▽ ̄)

"TIME OVER" ブー

ブザーと共に画面に文字が出た。

「あちゃ~(´・ω・`)」
まさかの展開。途端にのっちの眉が八の字になった。

「のっち、何しとん(笑)」
あ~ちゃんがお腹を抱えながら笑っていた。

「もう・・・、じゃけん パッと 入力せんと~」
苦笑いしながらそう呟いたかしゆかだったが、ついつい先程からの癖で手が動いてしまった。

J P N

ぴんぽーん♪

正解音が鳴り響く

「えっ?」
画面が一瞬赤になった後、緑に変わった。そして動画の再生ソフトが現われる。
呆気にとられている3人を尻目に動画ソフトはさくさくと動き、勝手に再生が始まった。
画面には3人の人影が映っていた。


場所は何処だろう・・・鏡が張ってある。
フィットネスクラブのスタジオのような感じ。
ダンスを練習している3人の少女。
紛れもなく10年くらい前の3人だった。

「こ、これ、何なん・・・?」
突如映し出された映像に昔の自分が映っている。
かしゆかはその状況をうまく受け入れることが出来ず、ほとんど言葉が出なかった。

いつしか辺りは真っ暗になっていた。夜になったのだろうか、外からの日の光も全く入らなくなってしまったようだ。モニタの光だけが、暗闇の中、それを覗き込む3人の顔を煌々と照らし出していた。
しかし、モニタに映し出される映像に集中している3人は、そんな周りの状況に全く気がつかなかった。

(なんで踊ってるんだろ。ダンスの練習なんかしたことあったっけ?)
のっちは画面の中で華麗にステップを踏む昔の自分を不思議な気持ちで見つめていた。

揃いの衣装を着て、ステージでパフォーマンスする3人。

(学芸会かな?それにしてはステージに3人しかおらんし。学校も違うし。)
(お客さんもあんまりおらん・・・)

黒くて太ももまでスリットが入った不思議な服で歌い踊る3人
(なんでこんな変な格好しとるんじゃろ)
(リニアモーター?何、それ・・・)

一転して白の衣装で踊る3人。なんだか、さっきの黒い服よりもシンプルで3人の素に近い感じだ。
次の曲は、また黒い服の時のような近未来な感じに戻った。曲はかなりカッコ良かった。
その後もなんか聴いたことがあるような懐かしくて心地良い曲が続き、不思議な感覚が3人を包み込む。

カラフルな衣装を着て鏡張りの中で歌って踊る3人。
中毒性のあるメロディーにフレーズ、いや、それよりも身体が勝手に動き出すこの感じ。やっぱりこの曲知ってる。気がつくと3人共同じように肩をゆすっていた。

「ねぇ・・・」
この曲どっかで聴いたことあるよね?とのっちが話しかけようとした瞬間、違う歌が始まった。
あぁ・・・目の前に光り輝いた玉が私達の手の中に下りてくる感じ。知ってる、この曲知ってる。とても大事な曲。。。
3人の意識が次第に混濁し、一つに統合されるような不思議な感覚に包まれていく。別に嫌な気分じゃない。寧ろ安心する感じ。一つの意識だけど共有しているという矛盾した気持ち良さ。

それと同時に、モニタにはいろいろな映像が流れ始めた。

CMに出ている三人。武道館で歌っている三人。

テレビに出ている三人。野外フェスに出演している三人。

東京ドームで歌う三人。

マカオ、ハリウッドを歩く三人。

スパイの格好をした三人(!! あぁ・・・)

草原をはしゃぎながら走る3人 (繋がった・・・)

歌が聴こえてきた
「ねぇ、ふわっと香る 秘密の恋に・・・」
そうそう、こんな曲を歌ってみたかったんだ。。。
嬉しかったんだ、こんな曲を作ってもらえたことが。

そして大勢の人達が自分達のダンスを踊っている映像が流れる。老若男女、外国の人までもが踊っていた。

キラキラの夢の中で 僕たちは約束をしたね

その日がいつか来るまで 泣かないよ 思い出すよキミを

ダンスコンテスト。こんなに多くの人が自分達の歌で踊っているなんて・・・

そっか・・・

私達は「現実には存在しないもうひとつの世界」つまり、女性3人組テクノポップユニットPerfumeが存在しない世界にいたんだ・・・

このモニタに映し出されているのが、現実なんだね。

アタッシュケース
突然、画面に白いアタッシュケースが現れた

あ、これは・・・ 白いスーツの人の・・・

ケースについているダイヤルロックが勝手に回り始める

1・・・1・・3・・・0
「1130」4つの数字が揃った瞬間、カチリと音がしてスーツケースが開いた。

中から現れたのは

見覚えのあるCDだった


「そういうことか!」
のっちは思わず呟いた。。。
が、それが寝言であったことに気づく。移動車の中、ついついうたた寝していたらしい。
気がつくと、かしゆかとあ~ちゃんがこっちを見つめていた。
お互いに、不思議そうな顔でしばらく何か言いた気に見つめあっていた。。。
どれくらい経っただろう。

不意にあ~ちゃんが微笑んだ。
そして、その笑顔で気付いた。

同じ夢を見ていたんだと。

「なんでじゃろうねぇ、こんな夢見たんは」あ~ちゃんが首を傾げる

「きっとこれが出るまでに、いろいろなことがあったからじゃないかな」かしゆかが答える

「何せ2年4ヶ月ぶりだもんね」のっちが笑う

「ほじゃね、うちらが一番待っとったからね(笑)でも、だからこそ一人でも多くの人に聴いてもらいたいし、そして感じてもらいたいね。

このアルバムに込めた私達の想いを」

あ~ちゃんは、今日発売のCDを見つめながら呟いた。
JPN-2

JPN-3



最後まで読んでくれた方、ありがとうございましたm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

| Perfume妄想 | 01:25 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らし~!

一気にアルバムまで、こう繋がりますか~。
油断して読んでたので「10年前の3人」のところからウルウルしてしまったじゃないですか。
遅い時間までご苦労様でした。
いや~、楽しかったです。
アルバムが出たら収録曲をネタにまた書いて下さい←冗談(笑)

でも実際に彼女達も色んな思いで発売日を待っているのでしょうね。

| mtst | 2011/11/11 07:18 | URL | ≫ EDIT

まさかの

夢オチですか( ̄□ ̄;)!!

でも、この長編は新しいですね。
連載の間に、解禁されたネタも盛り込んで繋げていくなんて…
そーゆーパターンで永遠に続くのもありかも(^^)

まさかこれで氷結完結じゃないですよね?(笑)
これが「最終章」の第一話なんですよね?( ̄∀ ̄)

あ、「Perfumeが存在しない世界」というネタで記事を書きかけていましたが負けそうなのでやめました(笑)←勝ち負けかい

| electrocat | 2011/11/11 07:50 | URL | ≫ EDIT

今回は

素直に誉め称えたいと思います\(^O^)/
JPN…日本のJ-POPを代表するユニットになった彼女達の10年…
ここに持ってくるとは思いませんでした(笑)
レーザー/微かから始めた時はここに来ようとは考えて無かったんでしょうけど(爆)

いや、でもホントにいいつながりで終わりましたね(超上からww)

ロングラン超お疲れでした~ヽ(´∇`)ノ

| PPPHIVE | 2011/11/11 11:25 | URL |

そういうことか!

白いアタッシュケースの中身は
JPNのアルバムね!

これはいい~♪
記事を延ばした事で
いい結末が書けましたね。チクリ、チクリ ww

| にっし~ | 2011/11/11 21:43 | URL | ≫ EDIT

こういう結末とは…

パラレルワールドに話を持って行くとは、なるほどと思って読んでいたら、夢のお話だったとはねぇ。
でも最後JPNに持って行くとはお見事!
3人が同じ夢をみていたっていうのも、オジサン思わず頬が緩んでしまいました(^^)

これからも「ワクワクがとまらな~い」お話を大いに期待しちゃいますよ~。(笑)

| ヤジオショー | 2011/11/12 02:49 | URL |

いがいと

最終回が早かったですね

でも、延ばしたかいがありましたね、アルバムまでもってこれましたから(笑)
で、夢の続きがあるんですよね
みなさん期待しているようだし、もしかしたらこれも夢で、永遠に夢でループするストーリーだったりして・・・

| 北方応援隊員 | 2011/11/12 18:28 | URL |

繋がっている

読みました、えぇ読みましたとも(笑)。
1から全部読ませていただきました。

やっぱり三人は繋がっているのでしょうね、それは偶然ではなく必然なんでしょう。

アルバム、1番待っていたのは三人なのでしょうね。

| ぱひゅろ~た | 2011/11/12 21:05 | URL |

成るほど

成るほど、ここまで引っ張った理由がやっとわかりました。

書き始めた時からJPNを知っていたなんて
runrunさんも隠すの大変でしたね。

もし、よろしかったら次のアルバム名も教えて下さい。

大作お疲れ様でした。

続編、サイドストーリー待ってます。

| poncho | 2011/11/13 12:26 | URL |

完結

おめでとうございます。ご苦労様でした。途中、どうなることかと思いましたが、見事な着地でしたね。(笑)とても面白かったです。ありがとうございました。

| パフュ男 | 2011/11/14 05:28 | URL |

Re: 素晴らし~!

mtstさん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ
レスが遅くなり申し訳ございません。

ようやく完成しました(笑)
ホント、どう終わらせてよいか悩んでたのですが、JPNが発売になるということで、落ち着くところが見えました(^▽^;)このシリーズを書いていて思ったのは、書くべき時は勢いで書く!ということですね。
ダラダラ書いていると、自分でもどういうつもりで書いていたかすっかり忘れてしまってたりして、思い出すのに時間がかかったりしました( ´△`)

2年4ヶ月ぶりのアルバム、彼女達を含め、周りのファンもチームPerfumeもどのような想いで発売日を待っているのでしょうね。どなたかそういう妄想小節を書いて欲しいですね。読みたいです(笑)

| runrun1006 | 2011/11/14 10:06 | URL |

Re: まさかの

electrocatさん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ
レス遅くなり、申し訳ございません。

まさかの夢オチでございますが、何か?( ̄∇ ̄)

キンモー会では以前に言った事があるのですが、ラストは夢オチだと。
まぁ、皆さん酔って覚えてないだろうと思ってましたが(^▽^;)
なので、まさかとは心外です(笑)

> でも、この長編は新しいですね。
> 連載の間に、解禁されたネタも盛り込んで繋げていくなんて…
> そーゆーパターンで永遠に続くのもありかも(^^)

ネタに詰まったら休載・・・
どっかの週間漫画の作者じゃないんだから・・・(^▽^;)って感じですが、本人のモチベーションさえ落ちなければ、やり方としてはアリなんでしょうねぇ。試しに猫さん、お願いします(*`▽´*)

> まさかこれで氷結完結じゃないですよね?(笑)
> これが「最終章」の第一話なんですよね?( ̄∀ ̄)

どうしたんですか?
いつものキレがありませんね。風邪のせいでしょうか?
しかも、うわ言まで喋りはじめてますし・・・これは、重症です。急いで樫野記念病院へ(・◇・)ゞ

> あ、「Perfumeが存在しない世界」というネタで記事を書きかけていましたが負けそうなのでやめました(笑)←勝ち負けかい

それは是非書いてください。まだ下書きに残ってますよね。
今すぐ、うpしてください。
私の記事を読んだ後のお口直しということで如何でしょうヽ(´∇`)ノ
お待ちしてます。

| runrun1006 | 2011/11/14 10:15 | URL |

Re: 今回は

PPPHIVEさん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ
レスが遅くなって申し訳ございません。

> 素直に誉め称えたいと思います\(^O^)/

え・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

なんか嬉しいような、それでいて素直に喜べないな・・・
一言で言うと、何か裏があるでしょ?的な(笑)
普段言われてないことを言われると、ホント落ち着きませんね(^▽^;)

> レーザー/微かから始めた時はここに来ようとは考えて無かったんでしょうけど(爆)

おっしゃる通りです(笑)

アルバム発売まで引っ張った甲斐があります(何故、意図的にそうした風?)
どう終わらせていいか、全く見当がつかないまま、ダラダラきちゃいました。
まぁ、待てば海路の日和あり、結果オーライ、そういうことですね(≧∇≦)ъ

> いや、でもホントにいいつながりで終わりましたね(超上からww)
> ロングラン超お疲れでした~ヽ(´∇`)ノ

ありがとうございます。
最後はちゃんと上から来て頂き、スッキリしました(笑)
PPPHIVEさんの超ロングラン企画にも期待しております(ボブのやつね、しかも上から)

| runrun1006 | 2011/11/14 10:22 | URL |

Re: そういうことか!

にっし~さん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ
レスが遅くなり申し訳ございません

いやぁ、記事を延ばした云々は、言われてもしょうがないので、全然気にしてません(気にしろよw)
私も途中まで書いていて、そう言えばアタッシュケースの中身ってなんだろ・・・?と思い出して書きました。もう長いのは辛いので書きませんよ~(^▽^;)

にっし~さんも是非書いてみてください~
ツッコミますから~(*`▽´*)

| runrun1006 | 2011/11/14 10:30 | URL |

Re: こういう結末とは…

ヤジオショーさん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ
コメレスが遅くなって申し訳ございません。

スミマセン(笑)
もともと夢オチにしようと思ってたので、何でもアリに自由に書こうと思ってたのですが、やはりある程度制約があったほうが書きやすいということに気付きました。JPNという新たなトピックが無ければ、完結しなかったかもしれませんねぇ(^▽^;)
そういう意味で言うと、皆さんがおっしゃるように引っ張った甲斐があるのではと思います(笑)
妄想記事を書くのは、ネタがうまいことあれば良いのですが、私レベルだとそうそう書くことが出来ませんので、界隈のキモイ方々の記事を読みながら気長にお待ち頂ければ幸いです^^

| runrun1006 | 2011/11/14 20:00 | URL |

Re: いがいと

北方応援隊員さん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ
コメレスが遅くなりまして申し訳ございません。

これで、最終回が早かったと仰るということは、やはり大河を想像されていたのでしょうか(笑)
確かに回数の割には期間だけは長かったのですが(^▽^;)

> でも、延ばしたかいがありましたね、アルバムまでもってこれましたから(笑)

もうね、仰る通りでございますです<(@^_^@)
アルバムがあるからこそのエンディングですし、アルバムが無かったら、多分途中で放っておいたかもしれませんねぇ。さすが中田さん、さすがPerfume、さすが徳間たん(いや、最後は違うかw)

> で、夢の続きがあるんですよね
> みなさん期待しているようだし、もしかしたらこれも夢で、永遠に夢でループするストーリーだったりして・・・

何を仰っているのかよくわかりません(笑)
夢は必ず覚めるもの(なんてね)
夢、永遠ループですか、そんなの書いたら私自身がどこへ進んでいるかよくわかんなくなっちゃいますねぇ。北方さん、続き書きます?(* ̄∇ ̄*)

| runrun1006 | 2011/11/14 21:21 | URL |

Re: 繋がっている

ぱひゅろ~たさん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

> 読みました、えぇ読みましたとも(笑)。
> 1から全部読ませていただきました。

やぁ・・・、ホントに読んじゃう人って、いるんですねヾ(- -;)オイッ
失礼、冗談です。1から読んで頂くなんて嬉しい限りです。それでこそ、リンクを張る甲斐があるってもんです。なんか毎回報われないことをしているような気分でしたが、ぱひゅろ~たさんのこのコメントで報われました(笑)ありがとうございますm(_ _)m

音楽と人のインタビューを読んでも、やはり3人もアルバムを待っていたという気持ちがよく伝わりましたよね。そんな部分もそこはかとなく、織り込んでいるような織り込んでいないような、そんな記事になりました(どっちやねん)

| runrun1006 | 2011/11/14 21:26 | URL |

Re: 成るほど

ponchoさん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

> 成るほど、ここまで引っ張った理由がやっとわかりました。
> 書き始めた時からJPNを知っていたなんて
> runrunさんも隠すの大変でしたね。

大変でしたよ。。。
引っ張りすぎて、ponchoさんには「何でしたっけ?」とか言われるし、界隈の皆さんがいつアルバム出るんだよ~と言ってるなか、ずっと黙ってないといけないわけですからww
何度、ponchoさんに「知ってる?Perfumeの次のアルバムは『JPN』っていうんですよ( ̄∇ ̄)」って言いそうになったか・・・
まぁ、チームPerfumeの陰の一員だということがバレたのは、誤算でしたが。。。

> もし、よろしかったら次のアルバム名も教えて下さい。

次のアルバムですか。
どうしても知りたいのであれば、次にお会いする時にお団子にしてきてください(笑)
そうすれば、教えてあげてもよくってよ(最上段から)
ちなみにお団子というのは、あ~ちゃんが「スパイス」でやってる髪型ですからね。
一応釘さしておきます(*`▽´*)

> 大作お疲れ様でした。
>
> 続編、サイドストーリー待ってます。

次回、「ponchoが水着に着替えたら」でお会いしましょう(≧∇≦)ъ

| runrun1006 | 2011/11/14 21:33 | URL |

Re: 完結

パフュ男さん、コメントありがとうございますヽ(´∇`)ノ

途中どうなることか、私もかなりヤバイなぁと思ってたのですが、パフュ男さんにも心配されるくらいでしたか(笑)ホント、申し訳ないです<(@^_^@)
着地点が見える時はそこに向けて書くのが楽なんですが、見えないときは・・・寝りゅ!ってことが多かったですねぇ。これに懲りて続き物は書かないようにしようと思いました(笑)
読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m

| runrun1006 | 2011/11/14 21:37 | URL |

完結おめでとうございます。

大変コメントが遅くなり失礼しました。

いつも楽しく読まさせて頂いている者です。
毎回キワドイコメが入りつつもぶれることなくJPNへ繋げたストーリーは感服いたしました。素晴らしいです。

私もこのような随所にパフュ愛をちりばめつつ、彼女達の10年間をドラマティックにまとめる文才があればと思うことしきりです。

これからも私達を楽しませてください。
応援しています。

次はAyaGazillaですね。

| 高橋 縁男 | 2011/11/21 00:07 | URL |

Re: 完結おめでとうございます。

高橋縁男さん、コメントありがとうございます(*^^*)
(高橋縁男・・・?誰だ?)

> 大変コメントが遅くなり失礼しました。
いえいえ、早いも遅いもなんて言ってたら、このシリーズの遅さたるや打ち首獄門モノですから・・・(^▽^;)
(いや、初めてでしょ?遅くなり・・・って失礼も何も初めてでしょ?)

> いつも楽しく読まさせて頂いている者です。

そうなんですかぁ、ありがとうございますm(_ _)m
(え?それで最後に記念コメントなのかな?まぁ、こんな記事を読みに来てくれるなんて、貴重な方だよね。いや、ありがたやありがたや( ̄人 ̄))

> 毎回キワドイコメが入りつつもぶれることなくJPNへ繋げたストーリーは感服いたしました。素晴らしいです。
> 私もこのような随所にパフュ愛をちりばめつつ、彼女達の10年間をドラマティックにまとめる文才があればと思うことしきりです。

いやぁ、そんなに誉められたことが無いので、キモチワリュイです(笑)
JPNが無ければネタが無くて、完結しなかったのは内緒です。
(な、なんだ。。。初対面にしてこの誉め殺し・・・。これは素人の仕業ではあるまい・・・( ̄Д ̄;; それにしても、このあえて下からくるこの感じ・・・何処かで見たことがあるような・・・)

> これからも私達を楽しませてください。
> 応援しています。
> 次はAyaGazillaですね。

Σ(゚口゚;

誰かと思ったら、ゴム人間-Hさんじゃないですかぁ~(^▽^;)
全く気づきませんでしたよ~(名前のリンク見ろよ)
わざわざコメントありがとうございます。
でも、あやがじらは書きませんよ(*´・ェ・`*)

| runrun1006 | 2011/11/21 13:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://runrun1006.blog134.fc2.com/tb.php/222-75078e65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。