僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふわふわ系のぉ~ サラリーマンがぁ~ 主にぃ~ Perfumeとぉ ももクロにについてぇ 書いてるブログ っていうかぁ・・・わかんにゃいっ

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おおかみこどもの雨と雪

土曜日は千葉の劇場にて、年に1度の現場勤務でした。
現場から離れて7年余り・・・、年々現場に出るのが面倒になってくるのですが、いざ出てみるとなかなか楽しい。若いスタッフと話したり(学生さんと話す機会なんて現在の環境には無いですし・・・)、お客さんに接するのも久々だと新鮮だったりして、ちょっと昔を思い出したりします。

昨年は「CARS2」を観て帰ったのですが(仕事しろよ)、今年は「おおかみこどもの雨と雪」を観ました(やっぱり仕事しろよ)。
main12.jpg
監督は「サマーウォーズ」の細田守さん。話も面白いのですが、絵のタッチが好きです。やはりここが嫌だと観る気が起きないんですよね。今回はあまり事前に情報を入れずに、映画を観てみました。

ちょっとだけ、この映画のあらすじを。

大学生の花(宮あおい)は、彼(大沢たかお)と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす"おおかみおとこ"だと知ることになったが、花の気持ちが変わることはなかった。そして一緒に暮らし始めた2人の間に、新たな命が生まれる。雪の日に生まれた姉は≪雪≫、雨の日に生まれた弟は≪雨≫と名づけられた。
【公式HP ストーリーより】

なんだよ、ホントにちょっとじゃないか、こんなんじゃわかんねーよ!という方は下のリンクから公式HPへどうぞ。もう少しあらすじが詳しく書かれています。
あらすじの続き

内容については、勿論触れません。
あくまで感想ですが、想像以上に良かったです。
ほのぼのとして、トトロのような雰囲気があったりしますが、勿論それだけではありません。
田舎の自然の描写の美しさに圧倒され、登場人物の何気ない行動に心打たれ、○○○の▲▲▲▲が□□□で××××・・・(うーん、やっぱりネタばれせずに書くのは難しい・・・)

気がついたら、最後はずっと涙を拭っていました・゚・(ノД`)・゚・
まさか、こんなに泣けるとは思ってもおらず、軽い気持ちで見たのですが・・・
歳とともに涙腺が緩くなるのでしょうか、それともなにか私の琴線に触れるものがあったのでしょうか、個人的には今年のナンバーワンです(あ、そう言えば今年の映画初めてカモ・・・)

もっと多くの人に見てもらいたい映画です。
観終わった後も満足できrunじゃないかと思います。
連日の暑さに疲れたら、是非映画館でこの映画を観てリフレッシュしてください。

以上、営業の記事でした。

ウソです。

本当に素晴らしい映画ですよ(^-^)/
スポンサーサイト

| 映画 | 13:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。